紛争処理センター

交通事故の相談相手として弁護士は最も役に立つ存在ですが、交通事故が怪我のみで後遺障害認定されていない場合、また後遺障害認定されても等級が低い場合には賠償金も高くはないものです。そんな場合には弁護士に依頼しても弁護士費用が多すぎて実際に受け取る金額が低くなってしまいます。こんな場合には弁護士ではなく交通事故紛争処理センターがお勧めです。

交通事故紛争処理センターは全国に支部がありますが、あまり多くはありません。例えば九州地区は福岡にしかないため、鹿児島に住む方は福岡に行く必要があります。この点はデメリットですが、ただ紛争処理センターでは弁護士が示談の斡旋を無料で行っており、実際に受け取る金額は裁判で勝ち取るほどではないにしても、保険会社が提示してくる金額よりも遥かに多くの金額を得ることができます。そのため、交通費が発生しても十分な示談金を得ることができます。

交通事故紛争処理センターで示談の斡旋を依頼する際には自分で資料を用意したり、根拠を示したりしなければなりません。自分で動いて多くの賠償金を得ることができるのです。したがって面倒に感じる方は交通事故紛争処理センターは向いていないと言えるでしょう。しかし自分で動いてきちんと賠償金を得たいという方にはとても心強い存在に感じることでしょう。